あなたにぴったりの会計ソフトは?~会計ソフトの選び方~

会社の規模にあったソフトを選べ!

会計ソフトを大きく種別わけすると、法人向けのソフトと、個人事業主向けの青色申告ソフトに大別することができます。もし、あなたの会社が株式会社であれば、課せられる税金が法人税となるため、個人事業とは税率が異なってきますので、必ず法人向けソフトを選ぶことをお勧めします。
また、ある程度の会社であれば、顧問税理士が付いているでしょう。その場合は、顧問税理士が使用しているソフトと同じソフトに合わせるというのも一つの手です。データの共有ができたり、使い方を顧問弁理士からレクチャーが受けられたりするなどの様々なメリットがあるはずです。他のソフトを選んだ場合でも、顧問税理士が使用しているソフトとデータのやり取りができるソフトを選ぶと後々便利です。

データの共有のためにもクラウド型を選択するのが賢明

会社で会計ソフトを導入するとなると、一般的には複数の社員で一つのデータを共有することになります。その時のデータのやり取りとして、USBメモリーなどでデータをやり取りしたり、ネットワークドライブを介してファイルを共有したりするなどの手段があるでしょう。
最近の会計ソフトの中にはクラウド対応型のソフトがあります。これはクラウドと呼ばれる専用サーバーにデータを置くことで、社員全体でデータの共有が行える機能が備わったものです。また、クラウドを介することで、ネットバンキングやクレジットカード情報などとの同期がとれるため、機能的にも大幅に強化されます。また、なによりクラウド型の優れているところは、クラウドを管理する会社により徹底的なセキュリティー管理が行われているため、データ流出などの事故を防げるのもメリットです。